Airbnb物件タイトルで注意すべき2つのポイント

Photo by PortoBay Hotels & Resorts

もしみなさんがすでにホストとして活動されていらっしゃるのであれば、どのように物件タイトルを決めるべきか悩んだことがあるでしょう。

Airbnbで宿泊先を探しているゲストのほとんどは、Airbnbで宿泊先を探します。

その検索結果で表示されるのは、リスティングのカバー画像と物件タイトルです。

写真のほうが与える情報量として多いため、カバー写真にもっとも力をべきですが、物件タイトルも重要な要素になります。

今回は、リスティングの物件タイトルをどのようにつけるべきか、決める上で必ず盛り込むべき2つのポイントについて解説していきたいと思います。

 

駅や観光スポットからの距離を記載

浅草寺Photo by IQRemix

日本でAirbnbを利用されるゲストの大半は、訪日外国人であり、そのほとんどが観光スポットに近いあるいは、行きやすいエリアで宿泊先を探す傾向があります。

もし物件の近くに駅がある場合は、駅からの距離をタイトルに記載すること。

また観光スポットが近い場合も物件タイトルに入れるだけで十分にゲストの興味を引きつけることが可能です。

特にタイトルに含めるべき要素
・駅からの距離
・ビーチや東京タワー、浅草寺など有名観光スポットに近い
・ポータブルWi-Fi完備(Wi-Fiを提供しているホストのみ)
・ハンモック、ツリーハウスなど(物件にユニークな特徴があれば)
・部屋のサイズやベッドの種類

タイトル例
12345678901234567890123456789012345
Shinjuku sta. 5min w/ Free Wi-Fi
42m2 LUX Shibuya 2BR, 5min Sta.

 

ベッドの数がいくつなのか記載

airbnb_search

AIrbnbの検索結果の絞り機能はまだまだです。現状できる絞り込みというと、宿泊期間の設定とエリア、宿泊料金での絞り込み機能しかありません。

一方でホテルのオンライン予約サイトである楽天トラベルや一休.com、Expediaなどでは、宿泊期間とエリアで絞り込みができるのはもちろんのこと、ベッドの種類(ツインベッド、ダブルベッド)、食事タイプなどでの絞り込みもできたりととても便利です。

中でもベッドの数やベッドの種類で絞りこみができないAirbnbは、ゲストとして部屋を探す側からすると探すのが大変です。

たとえば男性2人で旅行を計画している場合、ツインベッドを探します。男女カップルでの旅行の場合は、ツインベッドではなく、ダブルベッドを探すことが多いでしょう。

このように、宿泊先を決める上で、ベッドの種類は重要な要素であるにもかかわらず、Airbnbではまだ部屋の絞り込みができません。

現状だと絞り込みができないので、一つ一つ部屋の写真を見てベッドが何個あるのか、どれくらいのサイズなのかを判断していくようになります。

ここで、物件タイトルにベッドの数を記載すると、ゲスト側からは非常にわかりやすく予約が入りやすくなります。