歌舞伎町に訪日客向け観光ビル「歌舞伎城」オープン

株式会社ビジョン(以下、ビジョン)は、6月28日、訪日外国人のメッカでもある新宿歌舞伎町のゴジラロード沿いに、インバウンド客向け観光ビル「歌舞伎城」をオープンした。地下1階、地上3階、屋上という造りになっている。

歌舞伎町のゴジラロードは、新宿歌舞伎町のメインストリートで、昔は歌舞伎町セントラルロードと呼ばれていた。ここは訪日外国人に非常に人気のあるエリアで、都内でも最も多くの訪日外国人が訪れる場所でもあり、歌舞伎町のゴジラロードは、訪日観光を語る際切っても切れないエリアと言える。

ビジョンは、インバウンド客が多く訪れる歌舞伎町の中心地にインバウンドに特化した施設を作ることで訪日外国人観光客が必ず立ち寄る施設となることを目指すようだ。

 

「歌舞伎城」で受けられるサービス内容とは

「歌舞伎城」で訪日外国人に受け入れられるサービスが実に多彩に揃えられており、ここに来ればあらゆるサービスを受けることができるようになっている。歌舞伎町にある特徴を活かし、新宿周辺エリアの観光案内を行うほか、Wi-Fi貸し出しサービスや翻訳デバイスのレンタルサービス、レストラン予約サービスなど複数のインバウンド客向けサービスが展開される。(具体的な提供サービスは以下を参照。)

・新宿エリアを中心とした都内各所の観光案内
・歌舞伎町エリアを中心としたグルメ情報
・Wi-Fiルータ「NINJA WiFi(R)」の貸出。当日受付、予約受け渡し。
・ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」のレンタルサービス
・レストラン予約サービス
・訪日外国人向け旅行ガイドブックの配布
・訪日外国人向け動画専門サイトの提供
・お土産、食品、酒類などの販売
・観光地の名産品の販売、紹介
・ガイドマッチング
・外貨両替
・外貨を電子マネーに交換できるポケットチェンジサービス
・レーザー加工機、複合機、MacPCの使用

その他、和をテーマにした3階の居酒屋では、日替わりで筆文字教室や着付け教室など、日本の文化を体験できる教室が開催される。この居酒屋では酒蔵直送の日本酒を楽しむことができ、屋上は日本庭園をイメージした空間になっている。※写真撮影可

訪日外国人の観光拠点にもなり得る「歌舞伎城」だが、訪日を含む海外渡航社向けのビジネスを展開する事業者に向けても、旅行関連サービスプラットフォームとしてのサービスの提供を行うという。

 

次々始まる訪日観光客ビジネス

観光にまつわるサービスが一箇所に集約されることで、日本に詳しくない人でも効率的に観光ができるようになる。言葉の壁も低くなるだろう。また、歌舞伎町がある新宿から各方面へのアクセスもいいことから、ここを拠点にいろんな場所に行くことができるのもメリットだ。

今後、各地にこのような訪日観光をサポートする施設ができることが予想される。訪日外国人が急増する中、こうした多機能の観光案内所は、新しいビジネスチャンスとしても期待される。