【国内初】北九州の自然体験型・特区民泊施設スタート

自然や地域の人々とのふれあいをテーマに掲げる郊外型民泊施設として開設される福岡県北九州市の「山の家 粋邑 HIRAODAI」は、7月29日から宿泊予約の受け付けを民泊予約サイト「STAY JAPAN」にて受け付ける。同民泊施設は国家戦略特別区域法および各区域内の条例等によって認可を受けた“自然体験型・特区民泊”の国内第一号となる。

 

日本家屋をリフォームした1棟貸切タイプの民泊施設

民泊施設「山の家 粋邑 HIRAODAI」の開設は、同市小倉南区平尾台エリアの魅力や価値を福岡やアジア、さらには世界へと発信している「Hug平尾台プロジェクト」の一環。

同プロジェクトを主催する株式会社かいこ代表の壹岐尾恵美氏がオーナーとなり、空き家だった日本家屋をその趣きは残しつつ、民泊施設としてモダンに改装してオープンする。一棟を貸し切るタイプの同施設は和室2室、洋室3室を備えた床面積約121平方メートルの大きさで、最大で15人の宿泊が可能となる。

「山の家 粋邑 HIRAODAI」がある平尾台エリアには、天然記念物・国定公園の指定を受けている国内でも屈指のカルスト台地があり、滞在中はトレッキングや鍾乳洞のケービングといった自然体験から、農園での農業体験といった地元の人々とのふれあいなど、さまざまなアクティビティを満喫することができる。

 

地方創生を支援する企業が宿泊予約サイトを提供

「STAY JAPAN」は、宮城県仙台市に本社を置く株式会社百戦錬磨(上山康博代表取締役社長)が提供サービスする民泊施設の予約サイト。

「泊ることが、旅になる」をコンセプトにうたい、目まぐるしいほどに活気あふれる日常生活を味わえる都会旅の拠点として、または、その土地ならではの文化や習慣などに触れることができる地方旅行の滞在地として、国内外からの利用者が日本を十二分に堪能できる滞在先をそろえている。

取り扱うのはアパートやマンションを含む民家や古民家といった施設だが、いずれも旅館業法や国家戦略特別区域法などの法律に準じた公認の民泊施設のみ。さらに、日本語と英語による24時間体制のコールセンターの対応、宿泊保険による補償など、旅行者が安心して気軽に民泊を利用できる体制づくりを目指している。

株式会社百戦錬磨は地域活性化コンサルティング事業を全国で展開しており、民泊や農泊を含め、それぞれの地域に応じた観光地としての魅力を推進し、地方創生に取り組んでいる。

山の家 粋邑 HIRAODAI
住所:北九州市小倉南区平尾台2-1-20
STAY JAPAN内宿泊予約:https://stayjapan.com/rooms/1886

≪関連記事≫ 日本初!北九州市“自然体験型・特区民泊”第一号施設を提供開始