宅都HDのスマサポ、不動産・民泊向けIoT鍵ツール開発

宅都ホールディングス(以下、宅都HD)のグループ会社スマサポとIHI運搬機械(以下、IUK)は、IoT鍵ツール「スマサポキーボックス」を共同開発したと、6月1日発表した。賃貸住宅の内覧に利用できる製品で、民泊も視野に段階的に市場に導入する方針だ。

スマサポキーボックスは、賃貸住宅の玄関扉に取り付けることができ、物理鍵を使用して扉を開けることができる。今までは内覧をする時に、物件の鍵の貸し借りをしなければならなかったが、スマサポキーボックスを利用することで、鍵を貸借する必要がなくなるため、内覧希望者が現れた時にスムースに案内できる。

スマサポキーボックスは、ボックス型になっていて、玄関扉部分に磁石で簡単に取り付けることができる。IoTとは、Internet of thingsの略で、モノをインターネット経由で通信させることを示している。

そのため、スマサポキーボックスは、専用のアプリをインストールしたスマホをかざすだけで解錠することができ、中から物理鍵を取り出せる。物理鍵なので、シリンダーのタイプに関係なく利用することができる。また、デバイスは、扉を開けない限り取り外せない構造になっているので、盗難に遭う心配もない。取り付けも簡単にでき、ほぼすべての賃貸住宅に対応できる。

また、このシステムは、スマートフォンの端末ごとに、決まった日時にしか利用できないよう制限を設けることもできる。オートロックの扉でも使うことができるため、民泊で利用できる可能性も十分にある。

さらに、今後は、民泊での利用も視野に入れ、民泊運営者が利用者に鍵の権限を付与するためのツールも開発する予定だ。住宅宿泊事業法案(民泊新法案)が衆院を通過し、今後一層の発展が見込める民泊事業。スマサポキーボックスのシステムを利用することができると、鍵の受け渡しをする必要がなくなるため、運営側も利用者も利便性が高まる。

宅都HDとIUKは、現在、スマサポキーボックスの実証実験を進めている。宅都HDグループの宅都プロパティ(不動産管理業)が管理する賃貸マンションを中心に、53棟に導入。全国の管理会社に向けて6月から販売予約を開始し、9月から納入予定、初年度は1,400台の販売を見込む。