イベント主催者必見!Airbnbがイベント主催者を支援する「Airbnb for Events」をスタート

民泊仲介サイト最大手のAirbnb(エアービーアンドビー)は、イベント開催者向けに会場周辺のAirbnbリスティングを表示させる地図やカスタムランディングページを自動生成する「Airbnb for Events」をスタートしたがわかった。

報道機関向けの公式発表は4月20日現在行われていないが、イベント主催者は「Airbnb for Events」からイベント情報を登録することでサービスを利用できる。

イベント主催者は、「Airbnb for Events」を利用すると、宿泊施設を探している参加者向けに会場周辺のAirbnb施設を簡単に探せる地図のウィジェットを簡単に生成でき、数行のコードをプロモーションサイトに埋めることでカスタム地図を表示できる。

また、参加者向けに会場周辺のAirbnb施設を表示させるランディングページも自動生成することができ、発行されたオリジナルURLをイベント参加者に通知することで、参加者は会場周辺の宿泊施設を予約できるようになる。

 

Airbnb、イベント主催者向けの施策で予約増を目指す

Airbnbがイベント主催者向けに特化したサービスをリリースするのは今回が初めて(Airstair調べ)。Airbnbは、イベント主催者向けのサービスである「Airbnb for Events」をリリースすることで、イベント会場周辺の宿泊先を押さえる戦略だ。

国際会議や学会、国際的なイベントなどを意味するMICE(マイス)は、開催期間中国内・国外から多くの人出が予想され、消費額も大きいことから日本でも観光庁がMICE推進アクションプランを策定する等、MICEの誘致に力を入れている。

イベント主催者の方々は、「Airbnb for Events」からイベント情報を登録し参加者にお知らせすることで、会場周辺の宿泊先を提示できるなど参加者の利便性を高めるという点でも一役買いそうだ。