オンライン旅行サイト大手エクスペディア、ビットコイン支払いを停止 導入から4年で終止符

オンライン旅行サイトの米エクスペディアは2018年6月にホテルの宿泊予約の支払い手段の一つであったビットコイン支払いを停止したことを Marketexclusive.com などが報じた。

エクスペディアは2014年6月にアメリカ・サンフランシスコを拠点とする米国最大の仮想通貨交換所のコインベース(Coinbase)との業務提携でビットコイン支払いの導入を発表。

大手オンライン旅行サイトのエクスペディアがビットコインの受け入れを始めるというニュースは当時注目を集めていたが開始から4年で終止符となった。

ビットコインの受け入れ停止については同社公式サイトやTwitterやFacebookなどでの発表はなかったが、7月2日に Marketexclusive.com が報じたところによると同社広報は、ホテルや航空券の予約でのビットコイン受け入れを停止したことを明らかにしている。

《関連記事》民泊予約をビットコインで 仮想通貨支払いに対応した民泊仲介サイト「CryptoCribs」が登場

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。