Google、ホテルレビュー数で世界最大のレビューサイトに 3年でシェアを拡大し世界No.1に

宿泊施設向けCRM、メールマーケティングツールを提供する Revinate が公表した最新レポート「2019 Global Hotel Reputation Benchmark Report」によると、米検索エンジン大手のGoogle(グーグル)が世界最大のレビューサイトになったことが明らかになった。

同社が毎年公表する「Global Hotel Reputation Benchmark Report」は、全世界200カ国に存在する14万の宿泊施設から得られた4億2700万件以上のレビューを解析した結果を公表しているもの。

ホテルなどの宿泊施設側がオンライン上のレピュテーションを改善するために、どこにリソースを投下するべきかのバロメーターになる。

同レポートによるとレビュー数は対前年で、2015年は20%増、2016年は22%増、2017年は27%増と、連続的に成長していたが、2018年に初めて8%と1桁台の成長にとどまり、宿泊客がオンライン上にレビューを残すことに対する興味が減衰していることがわかった。

伸び率が減少している背景には、レビューサイトに口コミを投稿するという体験が「踊り場」にあるのも要因とみられるほか、宿泊した感想をInstagramやTwitterなどのSNSに投稿することが増えていることも要因となっていそうだ。

サイト別レビュー数 Revinate 2019 Global Hotel Reputation Benchmark Report

レビューサイト別での調査では、長くトップをキープしていたBooking.com(ブッキング・ドットコム)が2018年に初めて2位へとランクを落とした一方で、Googleが初めて世界1位となったことがわかった。

2018年、GoogleとBooking.com、Tripadvisorの3サービスで全世界のレビュー数の84%を占める。Googleは年々シェアを伸ばす一方で、3位のTripadvisor(トリップアドバイザー)は、年々市場シェアを奪われている状況にあるようだ。

2015年当時は、たった2%のGoogleに対して、38.7%を占めるBooking.comと25.4%を占めるTripadvisorの2強体制となっていたレビュー市場。この3年間で状況は大きく一変し、Googleが大躍進を遂げた。

《関連記事》旅行者の9割が「身近な人のSNS投稿」をきっかけに旅の目的地を選ぶ



.





民泊に関する無料相談はこちらから