「全国旅行支援」早めの予約がおすすめ

🈹 Yahoo!トラベル (+最大5%)🈹 一休.com(+最大5%)
🈹 楽天トラベル / じゃらん / JTBるるぶトラベル / ゆこゆこ / HIS / JR東海ツアーズ

全国旅行支援:最新情報をTwtitterで受け取る

全国旅行支援(全国旅行割)

全国旅行支援 2023 年 4 月以降も延長へ
割引率(人泊):20%
割引上限額(人泊):交通付プラン 5 千円 / その他 3 千円
クーポン券(人泊):平日 2 千円 / 休日 1 千円

全国旅行支援等 2023 開始日程
🆕 2/7(火)開始
 じゃらんnet(東京など4都県)
・ じゃらんパック(東京/熊本)

🆕 2/3(金)開始
 JR東海ツアーズ(東京)
・ 近ツー(栃木/長野/鹿児島)
・ クラブツーリズム(長野)
 JAL(茨城/和歌山)
🆕 2/2(木)開始
じゃらんクーポンフェス 開始
楽天トラベル(4県)
→ LUXURY DAYS

当初 12 月 20 日までとしていた観光需要喚起策「全国旅行支援」(全国旅行割)は、12 月 27 日まで延長することが発表されました。

全国旅行支援は、10 月 11 日から開始されていましたが、混乱を避けるため、開始以前の既存予約分についても、後から割引適用する「あとから割引」が多くの旅行サイトで提供されていました。

全国旅行支援の年末延長分(12 月 21 日~ 12 月 27 日宿泊分)についても従来同様、「あとから割引」が適用できるのかについては、旅行会社によって対応にばらつきがあるため注意が必要です。

今回は、全国旅行支援の年末延長分に「あとから割引」を適用できるのか、その割引適用方法や予約時の注意事項等を旅行サイト別にまとめてご紹介していきます。

 

全国旅行支援「あとから割引」(年末延長分)

全国旅行支援の年末延長分(12 月 21 日~ 12 月 27 日宿泊分)に、「あとから割引」が適用できるのかについては、旅行会社によって対応方針にばらつきがあります。適用のお考えの方は、ご注意ください。

「あとから割引」の適用ができる旅行サイトについては、期日まで適用申請手続きを行ってください。適用ができない旅行サイトでの既存予約分について、全国旅行支援の割引を適用する場合は、予約の取り直す必要があります。

楽天トラベル楽天トラベル「全国旅行支援」
あとから割引対応
じゃらんnetじゃらんnet「全国旅行支援」
あとから割引対応
Yahoo!トラベルYahoo!トラベル「全国旅行支援」
あとから割引対応
一休.com一休.com「全国旅行支援」
あとから割引対応
ゆこゆこゆこゆこ「全国旅行支援」
未公表
JTBJTB「全国旅行支援」
「あとから割引」対応なし
るるぶトラベルるるぶトラベル「全国旅行支援」
「あとから割引」対応なし
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト「全国旅行支援」
あとから割引対応
HISHIS「全国旅行支援」
「あとから割引」対応なし
JALJAL「全国旅行支援」
「あとから割引」対応なし
ANAANA「全国旅行支援」
あとから割引対応
クラブツーリズム クラブツーリズム「全国旅行支援」
あとから割引対応
東武トップツアーズ 東武トップツアーズ「全国旅行支援」
「あとから割引」対応なし
ReluxRelux「全国旅行支援」
あとから割引対応
エアトリエアトリ「全国旅行支援」
「あとから割引」対応なし
J-TRIPJ-TRIP「全国旅行支援」
あとから割引対応

 

全国旅行支援「あとから割引」(2023 年分)

2023 年にも開催される予定の観光需要支援策は、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引になるキャンペーンで、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

開催自体は決定しているものの、開催時期はまだ明らかになっていません。既存予約について対象となるかについても現時点では未定です。詳細発表され次第、記事をアップデートします。

 

「全国旅行支援」等、観光支援策の今後

今後の観光支援策まとめ

[1]県民割
10 月 10 日まで開催
[2]全国旅行支援
12 月 27 日まで延長を発表
[3]全国旅行支援
2023 年 1 月 10 開始

2023 年の「全国旅行支援」は、これまでと割引内容が変更となり、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引とし、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

旅行割引では、交通付(鉄道、バス、フライト付き)プランのほうが宿泊プランに比べ割引上限額が高く、交通付プランは上限 5 千円、宿泊や日帰りプランは上限 3 千円です。

また、旅行需要の平日分散化の観点から、クーポン配布額が平日のクーポン配布額が高く、平日の場合は、1 人 1 泊あたり 2 千円分、休日の場合は 1 人 1 泊あたり 1 千円分のクーポンを配布します。



.