LINEトラベル、旅行の料金比較検索のメタサーチを提供開始へ トリバゴ・トラベルコに挑戦状

LINEは6月28日に開催した「LINE CONFERENCE 2018」の事業戦略発表会で、国内・海外の旅行を比較して検索・予約できるメタサーチサイト「LINEトラベル」を開始したことを発表した。

「LINEトラベル」は、国内・海外格安ホテル・ツアー・航空券の検索・比較ができる旅行比較サイト。追加でアプリをインストールすることなく既存の「LINE」アプリからホテルの最安値比較から予約まで行うことができる。

サービス開始当初はホテルなどの宿泊施設の比較アプリとなるが、10月には航空券、12月には国内・海外のツアーにも準備サービスを拡大。開始当初は、ブッキング・ドットコム、エクスペディア、JTB、楽天トラベル、一休.com、Trip.com(Ctrip)に接続し検索・比較サービスを提供する。

LINEトラベルのように、複数の検索エンジンを指定のキーワードで横断的に比較するサービスを「メタサーチ」と呼ぶが、ホテルなどのメタサーチでは、トリップアドバイザーやKAYAK(カヤック)、エクスペディア傘下のトリバゴ、トラベルコなどが先行する。

LINEは、日本国内で4,968万人※が利用するLINEアプリからLINEトラベルでホテルなどの宿泊施設を比較検索できるメタサーチ「LINEトラベル」を提供することで、LINEを取り巻く経済圏の拡大を狙うようだ。(※ニールセン2017年)

LINE 報道発表資料より

 

LINEトラベルは既存のLINEからアクセスが可能

LINEトラベルは、外部アプリのインストールが不要で、すでにLINEからダイレクトにLINEトラベルにアクセスできるようになっている。

【LINEトラベルの利用方法】
・LINEアプリ内の「…(その他)」にある「LINEトラベル」を選んでアクセス
・ホテル、航空券(10月から)、ツアー(12月から)から最適なプランを選択して予約
・LINE公式アカウントから、おすすめののスポット情報も届く(2018年秋以降)

LINEは2017年に開催したカンファレンスで、多様なショッピングの入り口となる「LINE Commerce gateway」というコンセプトを発表。「LINEショッピング」、全国1万4,000店のフードメニューを注文してデリバリーする「LINEデリマ」をスタートさせた。

今回のLINEトラベルは「LINE Commerce gateway」のコンセプトに基づき、日常生活に大きく関わっているLINEが旅行という余暇やレジャー分野にも進出したことを意味している。

今後はLINEトラベルの機能拡充、利用者のニーズに対応したサービスの付加価値を高めていく予定だ。「LINEショッピング」や「LINEデリマ」とともに、さらなる進化を目指していく。