【図解】楽天LIFULL STAY マンスリーマンション参入へ

楽天LIFULL STAYは8月8日、マンスリーマンションサイトの「LIFULL HOME’S マンスリー」を9月4日から開設すると発表した。また同日から不動産事業者向けの物件掲載の事前申し込みをスタートしたこともあわせて発表した。

楽天LIFULL STAY株式会社は楽天株式会社と株式会社LIFULLが共同出資して2017年6月に設立した会社で、来年施行される民泊新法に向けて、民泊仲介サイトの「Vacation Stay(仮称)」を立ち上げることを発表。

7月には世界最大級のバケーションレンタルサイトのHomeAway(ホームアウェイ)や台湾の民泊サイトAsiaYo(アジアヨー)、中国最大の民泊サイトの途家(トゥージア)などと矢継ぎ早に提携を発表するなど新法施行に向けた準備を着々と進めていた。

民泊新法では、年間の営業日数は180日以内に制限されており、民泊のみの営業では半年間の空白期間が生まれることになる。そうした空白期間をマンスリーマンションとして貸し出したいという需要はあり、マンスリーマンションサイト「LIFULL HOME’S マンスリー」によってそのような需要を獲得していくものとみられる。

今回楽天LIFULLが立ち上げるマンスリーマンションサイト「LIFULL HOME’S マンスリー」は、利用者向けには問い合わせ前に利用料金をサイト上でチェックできるようにするほか、事業者向けでは年内をめどに新たな在庫管理システムを導入し在庫管理を行うことができるという。

同サイトは、国内最大級の不動産情報サイトを運営する「LIFULL(ライフル)」の「LIFULL HOME’S」のトップページにはカテゴリーを新設し「LIFULL HOME’S マンスリー」へ誘導が行われることから集客力もありそうだ。

 

▽楽天LIFULL STAYに関連したニュース

6月23日LIFULLと共同で新会社・楽天LIFULL STAYを設立
7月3日楽天LIFULL STAYとエクスペディア傘下のHomeAwayが提携
7月20日楽天LIFULL STAYと台湾の民泊サイトを運営するAsiaYoが提携
8月2日楽天LIFULL STAYと中国民泊の最大手の途家が提携

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。