メトロ乗り放題「Tokyo Subway Ticket」の発売所を拡大

東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)は10月16日、訪日外国人向けの乗り放題チケット「Tokyo Subway Ticket」の発売場所を拡大した。従来の販売場所は現地の旅行代理店、空港、ホテル、一部旅客案内所。これを14駅15カ所に拡大しインバウンドの利便性を高めた。

駅構内の発売に踏み切ったのは、訪日外国人から多くの要望が寄せられたからだ。「駅構内でTokyo Subway Ticketを購入したい」という声が多く、一部定期券売り場で発売することを決めた。意外なことに東京メトロの駅構内の定期件売り場で初めての発売になる。

【Tokyo Subway Ticket発売定期券売り場の詳細】(14駅15カ所)
▽対象定期券売り場
・上野駅・日本橋駅・池袋駅・銀座駅・新橋駅・恵比寿駅・飯田橋駅・高田馬場駅・赤坂見附駅・明治神宮前(原宿)駅・新御茶ノ水駅・大手町駅・東京駅
※池袋駅は丸ノ内線、有楽町線両方の定期券売り場が対象
※販売時間は7時40分~20時で年中無休

▽発売開始
・2017年10月16日(月)

▽購入方法
・パスポートを提示し、訪日外国人旅行者であることを確認、必要枚数を販売

【Tokyo Subway Ticket詳細】
▽券種と運賃
・Tokyo Subway 24-hour Ticket(使用開始から24時間有効)=大人800円
・Tokyo Subway 48-hour Ticket(使用開始から48時間有効)=大人1,200円
・Tokyo Subway 72-hour Ticket(使用開始から72時間有効)=大人1,500円
※小児運賃は大人の半額

▽対象区間
・東京メトロ線全9路線と都営地下鉄線全4路線の合計13路線

提携割引やサービスもあり、東京メトロおよび都営地下鉄沿線の約400のスポットで「Tokyo Subway Ticket」を提示すると、割引やプレゼントなどの特典を受けることができる。詳細は各駅で配布中の冊子「ちかとく(日本語版・英語版)」に明記しており、特設サイト(http://chikatoku.enjoytokyo.jp/)でも紹介している。

【主な割引サービス施設など】
・六義園=入園料(一般)240円←300円
・すみだ水族館=「ペンギンカフェ」でソフトドリンク1杯サービス
・東京湾クルーズ ヴァンテアン=利用料金の10%OFF

 

日本ならでは 今後のサービスに期待

観光庁によると、2016年の訪日外国人旅行者数は、過去最多を更新する2,403万9,000人を数え2017年も過去最高記録を更新することが濃厚になっている。都内の同年の訪日外国人旅行者数も同様で、前年比10.2%増の1,310万人(都産業労働局調べ)と増えている。

2020年には東京五輪・パラリンピックの開催も控え、政府の目標は同年の訪日外国人旅行者数を4,000万人に設定。「おもてなし」の文化をアピールしている日本にとって、訪日客のリピート率を高めるソフト面のサービスの拡充が大きく期待される。