民泊事業者必見!中国民泊仲介サイトを徹底比較!

2015年10月頃から、「民泊サイト」がテレビや雑誌などで多く取り上げられるようになってきました。

民泊サイトといえば「Airbnb」が世界的にも有名ですが、他にも多数の民泊サイトが世界にはあります。今回は、様々な観点から「中国民泊民泊サイト」を中心に徹底比較していきたいと思います。

 

中国最大の民泊仲介サイト「途家網」

中国でも「民泊仲介サイト」に注目が集まってきています。

中国で最も利用されているのは「途家網」で月間 42万PVを誇ります。第2位は「自在客」で月間8万5千PV、第3位は「住百家」で月間4万PVです。

トラフィックの国別シェアでみると特徴的なのが、第2位「自在客」です。「途家網」や「住百家」が中国本土から非常に利用されているWebサービスであるのに対して、「自在客」のトラフィック国別シェアでは、中国(45.9%)、台湾(41.7%)という比率になっています。

 

中国人はAirbnbを利用しない

中国人は、米国など海外発のインターネットサービスを利用しません。これは非常に重要です。

たとえばみなさんがよく使っている「LINE」。中国ではLINEは一般的には使えません。(いくつかの回避策はありますが、このような回避手法を使わない限り使えません。中国でLINEを使う方法(2015年4月時点)

インスタントメッセンジャーとして中国でもっとも流行っているのは、LINEではなく「微信WeChat(ウェイシン)」です。同様に、検索サービスとして日本では「Yahoo! JAPAN」や「Google」が利用されていますが、中国でもっとも流行っているのは、百度(バイドゥ、Baidu)です。

ミニブログでも多くの国では「Twitter」が利用されていますが、中国で最も有名なのは「微博(うぇいぼー)」です。

このように中国のインターネット業界では、海外発のサービスが使われるのではなく、中国発の類似サービスが利用される傾向にあります。

同様の傾向が、Airbnbに代表される民泊仲介サービスでも起きることは、容易にご理解いただけるのではないでしょうか?

実際、Airbnbの中でAirbnbを多く利用しているのは、上海に住んでいるかたに限定されることが多く、それ以外の中国人で、民泊サービスの利用を検討している方々が利用されるのは、「途家網」なのです。

 

中国民泊仲介サイト一覧


途家网
途家網(トゥジァ/TuJia)
PV:420,000
Pageviews:6.52
Bounce Rate:35.9%
トラフィック国別シェア:中国(93.2%)
 ※2015年12月実績(データ出典:SimilarWeb)

自在客

自在客(ジザイケ/jizaike)
http://www.zizaike.com/
PV:85,000
Pageviews:9.25
Bounce Rate:36.4%
トラフィック国別シェア:中国(45.9%)、台湾(41.7%)
※2015年12月実績(データ出典:SimilarWeb)


住百家
 住百家(ジュバイジァ/ZhuBaiJia)
PV:40,000
Pageviews:7.54
Bounce Rate:44.6%
トラフィック国別シェア:中国(78.1%)
※2015年12月実績(データ出典:SimilarWeb)

Photo credit: Peter Fuchs via Visual hunt / CC BY-NC-SA