ヒルトン、スマホで解錠できるデジタルキーの導入促進へ

Sunset view of New York City looking over midtown Manhattan

世界的なホテルチェーン、ヒルトン・グループが日本での展開に意欲的で、2017年末には日本国内で初となるスマホによるデジタルキーの利用を可能にしていくとヒルトン・ワールドワイド日本・韓国・ミクロネシア地区運営最高責任者のティモシー・ソーパー氏が、記者ミーティングで明らかにしたとTravelvoiceが報じた。

同社は現在、日本で世界で展開する13ブランドのうち、ヒルトン、ダブルツリー、コンラッドの3ブランドで13施設を展開しており、今後は既存の施設をリブランドすることで施設数拡大を目指す。

デジタルキーについては、会員向けアプリで展開するもので、ハワイのヒルトン・ワイキキ・ビーチやニューヨークのニューヨーク・ヒルトン・ミッドタウンなど国外ではすでに約500施設で利用可能となっている。

digitalkey

流れとしては、スマホでデジタルチェックインを行うと、滞在の24時間前からチェックイン作業が可能になり、その後はアプリにデジタルキーが送信される(プッシュ通知あり)。そのデジタルキーを表示したスマホ画面を客室ドアにかざせば、鍵が開けられる。

現行の法制度では、日本国内のホテルはチェックイン時にフロントに立ち寄る必要があるが(パスポート・身分証明の提示など)、デジタルキーの導入でチェックイン時間は大きく短縮される。

日本では西新宿のヒルトン東京を皮切りに、小田原、東京ベイ(舞浜)などに順次拡大、2017年後半にかけて全国で展開していく計画であるという。

日本での積極的な展開は、日本政府による観光産業の後押しとホテル需要の高さという背景にある。拡大するインバウンドとともに活発な国内需要の双方を取り込むチャンスがあるとみている。

2016年は、那覇市で「ダブルツリー」、お台場で「ヒルトン」としてホテルをリブランドオープンし、来年にはコンラッド大阪の開業を控えている。

あわせて、大阪と名古屋で全客室改装、小田原にはファミリー向け和洋室、ヒルトン東京ベイには家族向け客室などを新設するなど、立地や客層にあわせたリニューアルを実施。

ソーパー氏は、「こうした日本への投資を続けていく」と話し、今後も日本市場で積極的な展開を図る方針を示した。

《関連サイト》
ヒルトンが日本事業を加速、国内でデジタルキー利用を可能に、施設数の拡大や客室改装など投資を積極化

Sunset view of New York City looking over midtown Manhattan