Airbnb、民泊新法施行で「届出番号」の掲載スタート 民泊仲介サイト各社が違法民泊を「全削除」へ

民泊仲介サイトのAirbnb(エアービーアンドビー)は、住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行されたのに合わせ、同社プラットフォーム上で民泊新法の「届出番号」や旅館業法の「許可番号」の掲出をスタートした。

Airbnbは、6月14日までに民泊新法の届出番号や旅館業法などの許可番号を入力するよう既存の民泊ホストへ求めていたが、記載された内容がすでにプラットフォーム上に掲載されており、宿泊利用者からも合法的な許可物件であることがわかるように変更されている。

その他にも民泊仲介サイトHomeAway(ホームアウェイ)も、合法的な許可施設については同社プラットフォーム上で、「掲載物件は日本の法律に基づく適法物件です。」との記載がなされるよう変更されている。

《関連記事》Airbnbの「全削除」に世界中が衝撃 民泊の宿泊予約も強制キャンセルで徹底排除へ

(注)届出番号箇所についてはマスキングの修正を行っています。

 

6.15に合わせた民泊仲介サイト各社対応状況

Airbnbは、観光庁の通知発出を受けて当初6月15日に実施を予定していた違法民泊の全削除を前倒しし、事前通知なく6月2日にAirbnbサイト上から削除するとともに15日以降の予約も一部キャンセルしたが、同様の対応は他の民泊仲介サイトにも及んでいる。

世界最大級のオンライン宿泊予約サイトのBooking.com (ブッキング・ドットコム)は、6月11日午後6時の時点で登録番号の記載がない施設について掲載を削除し予約もキャンセルした。Booking Holdings傘下のAgoda(アゴダ)も6月15日で届出番号などの記載がない民泊は、該当物件の削除及び予約をキャンセル。

世界最大級の米オンライン宿泊サイトExpedia傘下のHomeAwayも6月15日で届出番号などの記載がない民泊について非公開などの対応を検討しているなど民泊仲介サイト各社は、いずれも削除などの厳しい対応を行っている。

また、強制キャンセルの対象となったゲストに対しては、各社とも全額返金や代替宿泊施設への予約付け替えなどの対応を行っており、利用者に対する影響を最小限にするサポートが行われていることがわかる。

民泊仲介サイト対応内容
Airbnb・届出番号などの記載がない民泊を6月2日に一斉削除。ゲスト予約も一部キャンセル。
・約33億円規模の投資などを含むリカバリープランを発表
Booking.com・6月15日で届出番号などの記載がない民泊は、該当物件の削除及び予約をキャンセル。
・キャンセル対象となった宿泊客に対しては、個別サポートにて代替施設への予約付け替え。
HomeAway・6月15日で届出番号などの記載がない民泊は、非公開などの対応を検討。
・新法の届出のサポート体制を強化。
Agoda・6月15日で届出番号などの記載がない民泊は、該当物件の削除及び予約をキャンセル。
・キャンセル対象となった宿泊客に対しては、全額返金及び代替宿泊施設の予約をサポート。
Tujia・6月15日で届出番号などの記載がない民泊は、該当物件の削除及び予約をキャンセル。
・キャンセル対象となった宿泊客に対しては、予約のキャンセル及び振替えをサポート。

※Airstair調べ(一部のみ抜粋)