Airbnb、2017年の民泊データを公表 585万人が日本国内のAirbnbで宿泊したことが明らかに

民泊仲介サイトなどを運営するAirbnb(エアービーアンドビー)は、利用者数上位300都市、80カ国の2017年のデータを発表し、2017年にAirbnbを利用して日本全国を訪れた旅行者数が585万人であったことを明らかにした。

本データは、地方自治体との透明性に関するコミットメントの一環としてAirbnbが公式に発表した初めてのデータで、世界中の都市や国に有意なプラス効果をもらたしたことが明らかになった格好だ。

日本全国の中でも利用者が最も多かった都市は、東京都で東京を訪れた旅行者数は180万人。また第二位は大阪市で、旅行者数は162万人を数える。

なお本データでは、Airbnb を利用した理由についての調査結果もあわせて発表。

Airbnb利用した理由については、Airbnbのゲストの89%が「都市全体を通じてホテルよりも便利な立地にある」ことを挙げたほか、ゲストの 84%が「暮らすような旅がしたいから」と回答。

また、66%のゲストが「ホームシェアリングによる環境面のメリット」が選択の際の重要な要素になっていると答えた。

《関連記事》民泊とは?Airbnbが人気を集める理由と規制緩和の方向性

 

Airbnbが世界中でプラス効果をもたらしていることを示す新たなデータを発表

Airbnb公表データ旅行者数出身国数
日本全国を訪れた旅行者数585万人150ヶ国以上
東京都を訪れた旅行者数180万人150ヶ国以上
大阪市を訪れた旅行者数162万人150ヶ国以上
京都市を訪れた旅行者数67万人150ヶ国以上
福岡市を訪れた旅行者数33万人99カ国

(※) Airbnbが明らかにした2017年民泊データ

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。