クラウド会計ソフトを展開するfreee、「民泊開業 freee」開始で民泊事業へ参入へ

クラウド会計ソフトを展開するfreeeは、民泊予約サイト運営の株式会社百戦錬磨と業務提携し「民泊開業 freee」を3月15日から開始することを発表した。

「民泊開業 freee」では、3月15日から開始される住宅宿泊事業の届出手続きから、個人事業主としての開業手続き書類の作成、百戦錬磨が運営する「STAY JAPAN」でのホスト登録までを一気通貫でサポートするという。

freeeは、中小企業の事務管理(バックオフィス)向けのクラウドサービスを開発、運営するフィンテック企業。「クラウド会計ソフト freee」や「人事労務 freee」など業務効率化のソリューションを複数展開している。

3月15日から開始される住宅宿泊事業法の届出受付により、今後さらに増えることが予想される個人・法人の民泊事業者向けに「民泊開業 freee」をリリースし、新たな利用者層を取り込む。

 

<「民泊開業 freee」概要>

・提供開始日 : 2018年3月15日
・利用料金 : 無料
・利用方法 : 以下サービスサイトからアカウントを開設後、利用可能
・サービスLP : https://www.freee.co.jp/vacation-rentals
・サービスページ : https://k.secure.freee.co.jp/vr/ (※2018年3月15日より利用可能)
・対応手続き

– 住宅宿泊事業の届出手続き
– 個人事業主としての開業手続き書類の作成
– 民泊予約サイト「STAY JAPAN」へのホスト登録
– 事業用口座としてジャパンネット銀行の口座開設のお申し込み
– 事業用クレジットカード「freee カード」へのお申し込み
– 「freee 開業応援パック」への申し込み