Google、AIが自ら電話してレストランを予約する「Google Duplex」をリリース

米検索大手のGoogle(グーグル)は、人間に代わりAIが自ら電話をして予約を行う新機能「Google Duplex」を米国一部ユーザーを対象にリリースしたことが明らかになった。

VentureBeat によると本リリースはGoogleのスマートフォン「Google Pixel」(グーグル ピクセル)オーナーの一部に限られる。「Google Duplex」は2018年5月開催の「Google I/O 2018」で発表されたGoogle Assistantの新機能。

「Google Duplex」では初めに探しているお店のカテゴリ、人数や希望の時間帯を伝えると、これまで人間が行っていたレストランやヘアカット予約の電話をGoogleのAIが代わりに行う。

GoogleのAIが実際に1件ずつお店に電話をしてスケジュールの調整を行う様子は、まさに普通の人間の会話だ。万が一希望の時間帯が空いていなかった場合は、「この時間帯ならどう?」という確認も行う。

レストランの予約が完了次第、「Google Duplex」は何時からどのお店で予約が完了したのか、その詳細をGoogleカレンダーに登録するほどの優れものだ。

本機能は、インターネット経由での予約に対応していないレストランの予約サービスとしてGoogleが開始したもので、インターネット経由での予約を受け付けない店も一定数ある日本では注目のサービスとなりそうだ。

 

電話の相手が「Google」に置き換わるのも時間の問題か

「Google Duplex」は、利用者にとっては電話で予約をかける必要がなくなるなどメリットが多い。レストランなどの店側に視点を当てた場合、どのように世界が変わるのだろうか?

まずは、電話の話相手が人間ではなくGoogleのAIになるという点だ。「えー」や「あの」などといった間投詞も使うため話しぶりは人間に近いものとなるが、今後「Google Duplex」が広がった場合、電話の話相手はGoogleのAIというのが一般的になる。

「Google Duplex」の存在を知らなかった場合、AIと話していると気づかないまま予約の電話を終えている可能性すらありそうだ。

「Google Duplex」はまだ一部ユーザー向けの公開となるが、近い将来日本でもリリースされる可能性はあり、レストランの予約だけではなくホテルの予約も含めた様々なお店の予約に対応していく可能性もありそうだ。

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。