【速報】世界最大のホテルチェーン「マリオット」、利用客5億人分の個人情報流出か

世界最大級のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルは、スターウッドの顧客予約データベースからの情報漏えいにより、最大で利用客5億人分の個人情報が流出したことを発表した。

マリオットによると今年9月に社内セキュリティツールから、内部データベースへの不正アクセスがあるというアラートを受け取ったという。

同社が行ったその後の調査の中で、2014年以降から不正なアクセスがあったことに加え、外部の人間が個人情報をコピーして暗号化していたことを発見。11月19日にその情報がスターウッドのデータベースにあったものであると判断したという。

3億2,700万人の顧客については、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、パスポート番号、スターウッド・プリファードゲストのアカウント情報、誕生日、性別、出発及び到着日時の情報、予約日、そして希望する通信手段の情報が単独もしくは複数で漏えいしたとしている。

中にはクレジットカードの情報を盗まれた可能性のある顧客も含まれる。情報は暗号化されていたものの、同社によると情報が復号化された可能性を否定することはできないと述べた。

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。