Google、ホテルの宿泊代を節約できる最適な宿泊日を提示 検索結果のアップデートで

米検索大手のGoogle(グーグル)は、ホテルなどの宿泊施設の宿泊価格の推移をグラフで可視化する「Price Insight(プライスインサイト)」の提供を検索結果で開始したことがわかった。

ホテルの宿泊価格は、オンシーズンや週末、ホテル周辺でのイベントなどにより大きく変動することが多い。特に、最近では一部のホテルでダイナミックプライシングを活用した価格設定が行われるなど、高頻度の価格調整は一般的になりつつある。

」検索検索のアップデートにより、Googleユーザーはホテル名称で検索することで検索画面にてホテルの1泊あたりの宿泊価格推移を2か月間先まで参照することができ、宿泊代金を節約できる最適な宿泊日を探すことができるようになる。

「Price Insight」は、2018年9月にスマートフォン版で公開されたあと、一部ユーザーを対象にデスクトップ版の公開を実施。今回、検索結果のアップデートにより、これまでよりも、よりGoogleユーザーの目に触れやすい位置に移動することになった。

Google 検索結果より ※クリックで拡大

 

ホテルの宿泊価格を調査できる「Price Insight」とは

「Price Insight」では「おすすめの予約時期」や「料金の評価」「競合ホテルとの比較」という3つのサービスを利用できる。

「おすすめの予約時期」では、指定したチェックイン日とチェックアウト日での直近30日間の料金変動状況をグラフで可視化。旅行者に対して今予約するべきかどうかの判断材料を提供する。

「料金の評価」では、指定した期間での宿泊価格が、平均価格に対して高いか安いかを提示。「競合ホテルとの比較」ではGoogleが自動生成した競合ホテルとの宿泊価格推移を明らかにする。

「Price Insight」は、主に宿泊先を探している旅行者が最も安く泊まれるホテルを調べる際に力を発揮するが、ホテルのレベニューマネージャーも本ツールを利用することで、周辺の競合ホテルの価格推移を調べることができるのが特長だ。

《関連記事》Google、宿泊料金調査ツール「Price Insight」 デスクトップでも利用可能に

Google Price Insight より



.





民泊に関する無料相談はこちらから