旅行最大手JTB、民泊プラットフォームの「百戦錬磨」 資本・業務提携

民泊仲介サイトを運営する百戦錬磨(仙台)は9月11日、JTB(東京)と民泊サービス業において包括的業務提携で合意したと発表した。両社の予約サイトを連携し、JTBの訪日外国人向けの予約サイト「JAPANiCAN」でアフィリエイト販売を開始する。

両社の提携は、百戦錬磨へJTBによる資本参加も含まれる。百戦錬磨は各自治体から許可を受けた民泊物件のみを扱う「STAY JAPAN」を運営、このコンテンツを大手旅行代理のJTBが運営するインバウンド(訪日外国人)向けの予約サイト「JAPANiCAN(ジャパニカン).com」でアフィリエイト販売する仕組み。両社の長所をうまく融合させ、さらなる顧客獲得へつなげるのが狙いだ。

【業務提携の概要】

  1. 民泊の活用で地域の活性化、空き家・遊休資産の宿泊施設の利活用に関する自治体等への地域開発コンサルティング
  2. 民泊サービス提供事業者の人材育成および施設運営サポート
  3. 民泊サービスの販売支援およびプロモーション支援
  4. イベント民泊の推進

業務提携の背景には、全国的に防犯や景観などの観点から問題になっている空き家問題がある。これらを民泊として再生することで、地域の宿泊施設不足の解消にも貢献。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、多くのインバウンドに宿泊施設を提供することもでき、地域活性化の有効なコンテンツと両社では位置付けている。

百戦錬磨は2012年創業で旅館業法などの許可を取得した民泊施設のみを掲載する民泊仲介サイト「STAY JAPAN(ステイジャパン)」の運営を行っている。JTBは地域交流事業、観光振興に関するノウハウに加え、強力な個人・法人のネットワークがある。ともに「遊休資産」と「民泊」というテーマに着目しており、両社とも互いの強みを活かしながら協業を推進していく。