じゃらんnet、GoToトラベル代替の観光支援策「全国旅行支援」が 12 月 27 日まで延長されたことを受けて、東京を含む全国 11 都県の延長分クーポン配布を 12 月 13 日 12 時から開始します。

JALじゃらんパック、ANAじゃらんパックについても、石川県、東京都、大阪府の延長分について、12 月 13 日 10 時から開始します。

「全国旅行支援」(全国旅行割)は、当初 12 月 20 日までとしてましたが、12 月 27 日まで延長することが発表されました。他の都道府県についても準備が整い次第、年末延長分の予約受付を順次開始しています。

「全国旅行支援」は、新幹線やフライト等とセットになった旅行で 1 人 1 泊最大 8 千円を上限に旅行代金が 40% 割引になるキャンペーンで、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 3 千円分配布します。

年末延長分についても割引率やクーポン配布額に変更はありません。なお、2023 年には、最大 7 千円を補助する新たな観光需要喚起策を実施予定ですが、キャンペーンの開始日程等の詳細はまだ明らかにはなっていません。

 

じゃらん、年末延長分のあとから割引

全国旅行支援の年末延長分(12 月 21 日~ 12 月 27 日宿泊分)に、「あとから割引」が適用できるのかについては、旅行会社によって対応方針にばらつきがあります。適用のお考えの方は、ご注意ください。

じゃらんでは、年末延長分についてもあとから割引の対象とする方針を明らかにしました。予約期間や割引対象額などの利用条件を満たす場合に限り、延長対応後に予約変更操作でクーポンの利用が可能となります。

ただし、予約期間や割引対象額などの諸条件を満たす場合であっても、予算上限に達した場合やサイト上の変更可能日を過ぎている場合は、変更することはできません。

 

「全国旅行支援」と2023年の観光需要支援策の違い

2023 年に実施される新観光支援策は、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引になるキャンペーンで、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

全国旅行支援と 2023 年観光需要喚起策では何が変わったのでしょうか。まず、割引率でみると「4割引」から「2割引」に変更になっており、上限額も交通付きプランの場合、8 千円から 5 千円になっています。

また、クーポン配布も平日の場合、全国旅行支援では 3 千円分配布されていましたが、2023 年の観光需要喚起策では 2 千円分の配布に変更になります。休日の場合のクーポン配布額のみ変更はありません。

割引とクーポン配布を含めた補助額では、全国旅行支援では最大 11,000 円分の補助額となっていましたが、2023 年の観光需要喚起策では、最大 7,000 円の補助額に変更となります。

キャンペーン名称全国旅行支援2023 年観光需要喚起策
割引額(1)旅行代金が最大 40% 割引
交通付プラン上限:8,000 円
上記以外のプラン上限:5,000 円
(2)クーポン配布
平日:3,000 円/泊
休日:1,000 円/泊
(1)旅行代金が最大 20% 割引
交通付プラン上限:5,000 円
上記以外のプラン上限:3,000 円
(2)クーポン配布
平日:2,000 円/泊
休日:1,000 円/泊
補助条件全国民全国民
実施期間2022 年 10 月 11 日 ~ 12 月 27 日2023 年 ~
感染症対策・ワクチン 3 回接種 または PCR検査等の陰性証明・未発表

 

「全国旅行支援」等、観光支援策の今後

今後の観光支援策まとめ

[1]県民割
10 月 10 日まで開催
[2]全国旅行支援
12 月 27 日まで延長を発表
[3]全国旅行支援
2023 年 1 月 10 開始

2023 年の「全国旅行支援」は、これまでと割引内容が変更となり、1 人 1 泊最大 5 千円を上限に旅行代金が 20% 割引とし、さらに飲食店等で利用できるクーポン券を 1 人 1 泊最大 2 千円分配布します。

旅行割引では、交通付(鉄道、バス、フライト付き)プランのほうが宿泊プランに比べ割引上限額が高く、交通付プランは上限 5 千円、宿泊や日帰りプランは上限 3 千円です。

また、旅行需要の平日分散化の観点から、クーポン配布額が平日のクーポン配布額が高く、平日の場合は、1 人 1 泊あたり 2 千円分、休日の場合は 1 人 1 泊あたり 1 千円分のクーポンを配布します。



.