株式会社PIPI、クレアスライフから資金調達 民泊代行の乗り換えで最大 10 万円のキャンペーン開催

民泊・ホテル・旅館に特化した運営代行サービス「PIPI Hosting」を展開する株式会社PIPIは、投資型ワンルームマンション業界大手の株式会社クレアスライフから第三者割当増資により資金調達を実施したことを明らかにした。調達額は非公表。

PIPIは、民泊やホテル、マンスリーマンションといったバケーションレンタル全般のマネジメントサービスを提供するスタートアップ。自社開発した運営システムによる不動産マネジメントサービスを通じ、不動産オーナー向けソリューションを展開している。

クレアスライフは、東京都心における投資用マンションの開発、分譲を手掛ける不動産会社。グループ会社においては賃貸管理·建物管理サービスを提供し、不動産オーナーの資産運用をサポートしている。

PIPI とクレアスライフの資本業務提携により、PIPIが有する民泊、スモールホテル向け運営サービスとクレアスライフの投資用マンション開発ノウハウとを融合することで、クレアスライフが従来展開していなかった多様な投資用不動産供給モデルに繋げる考えだ。

また、同提携により、クレアスライフグループが受託しているマンスリーマンション物件と、PIPIが受託している民泊物件との相互顧客斡旋が可能になる。

なお、PIIPは、2019年11月1日〜2019年12月31日までに民泊運営代行サービスを乗り換えたお客様を対象に最大10万円のキャッシュバック、新規会員様には運用手数料を割引価格にてご提供するキャンペーンを開始している。



.





民泊に関する無料相談はこちらから