[PR] 株式会社EDEYANS

民泊やホテルなどの宿泊業界では、訪日外国人の増加に伴う宿泊施設の全国的な増加の影響で、清掃スタッフの人材確保がますます困難な状況になりつつあります。

清掃スタッフの人材不足に悩んでいる宿泊施設や清掃スタッフの教育コストや清掃クオリティの維持に課題を抱えている宿泊施設は多いのではないでしょうか?

そんな中、豊富な清掃スタッフを抱え、高い清掃クオリティを維持できるとして、民泊オーナーや民泊運営代行サービス会社から多数の受注を受けている企業があります。

それが、民泊やホテルの清掃に特化した民泊・ホテル清掃テクノロジースタートアップの株式会社EDEYANS(イーデヤンス)です。

イーデヤンスは、民泊やホテルで発生する清掃上の課題をテクノロジーで解決するスタートアップで、清掃スタッフの自動手配を可能にするクラウド清掃管理システム「ヤンクリ」などを提供しています。

株式会社EDEYANS 代表取締役の片山氏は「自社で清掃チームを持っていたが限界を迎えて当社への切り替えを希望する宿泊施設や清掃クオリティの低さが原因での切り替えが増えている」といます。

今回は、イーデヤンスがなぜ 300 人もの清掃スタッフを抱え、客室清掃のクオリティを維持し多く民泊オーナーからの期待に応えられているのか、その裏側に迫ります。

【イーデヤンス(ヤンクリ)に関するお問い合わせ】

 

清掃スタッフ 300 人以上、全国主要都市に展開

イーデヤンスでは、東京、大阪、京都、福岡などの主要都市に支社を構え、清掃スタッフ 300 人以上を抱えています。また、地域のパートナー会社 10 社以上とも提携しており、独自の清掃ネットワークを築いているのが特徴です。

一般的には複数エリアへ宿泊施設を出店する場合、エリアごとに清掃会社を新たに見つけて客室清掃の体制を構築する必要がありますが、イーデヤンスでは複数の主要都市に支社を構えているため、スムーズに出店できるのが強みです。

また、エリア毎に清掃会社が異なると、請求書対応や清掃の管理方法や発注方法など無駄なオペレーションが多く発生してしまいます。イーデヤンスへ発注すると、このようなオペレーションコストを削減でき効率的な宿泊施設の運営を実現できます。

片山氏によると「自社の清掃チームがあるため、お問い合わせから契約までの期間が短く、最短1週間でスタートできる」といい、中小規模の宿泊施設、一棟民泊、大手民泊運営代行サービスからの依頼など幅広く客室清掃を手掛けています。

 

ドミナント戦略とクラウド管理ツールで清掃コストを削減

イーデヤンスが、清掃クオリティを高く維持しながら清掃コストの削減を実現出来ている理由の一つが「ドミナント戦略」です。

イーデヤンスでは、東京墨田区・台東区、大阪浪速区、中央区、京都中京区、下京区、東山区、福岡博多区、中央区などにリソースを集中することで、価格優位性を打ち出しています。

また、ドミナント戦略に加えて、クラウド清掃管理システム「ヤンクリ」を提供。「ヤンクリ」により、宿泊予約が入り次第、自動的に清掃依頼を行うことができるなど、テクノロジーを最大限活用することで清掃コストの削減を実現しています。

 

清掃コストを落としながら高いクオリティを維持

イーデヤンスでは、自社で展開するクラウド清掃管理システム「ヤンクリ」を活用したクオリティコントロールを行うことで、低い清掃コストと高い清掃クオリティの両立を実現しています。

ヤンクリではWeb版のクラウド清掃管理システムに加えて、清掃スタッフ向け専用のスマートフォンアプリ(iOS・Android)を提供。スマホアプリでは、クリーナーはアプリに表示される客室清掃の指示に従いながら清掃するだけで完了できるようになっています。

また、ヤンクリでは清掃スタッフの評価(5つ星)にあわせて時給が上がる仕組みを導入しており、この制度も高いクオリティの維持に貢献しています。

他にもカスタマーとクリーナーの双方に対応したサポート体制を整備しており、バスタオルを補充してほしいというような民泊ホストや民泊運営代行会社からの連絡にも対応できる体制(緊急対応はオプション料金)を整えているのが特徴です。

【イーデヤンス(ヤンクリ)に関するお問い合わせ】

 

イーデヤンスは、清掃オペレーションについての豊富な経験とクラウド清掃管理システムの開発力を持ち合わせるIT✕清掃系スタートアップで、競合他社にはない同社最大の強みです。次では、クラウド清掃管理システム「ヤンクリ」を詳しく紐解いていきます。

 

清掃依頼をヤンクリで自動化 運営リソースを削減

ヤンクリでは、主要PMS(プロパティマネジメントシステム)と連携済みで、宿泊施設側には手間をかけることなく導入ができます。

ヤンクリと連携すると今後の清掃一覧がカレンダー上で表示され、客室清掃を自動的に発注。ヤンクリの管理画面で清掃状況のステータスを確認できます。

万が一当日チェックインまでに清掃が終わらない可能性がある場合は、ヤンクリがアラートを出す等し対応する仕組みです。

 

クリーナーアプリで清掃クオリティを上げる仕組み

クリーナーは専用のスマートフォンアプリから自分に割り当てられた清掃一覧を確認でき、初めての部屋でもスムーズに清掃できるよう、どの順番で清掃を行っていくべきかをガイドしてくれます。

清掃完了後の正しい状態を清掃前にアプリから確認できるため、クリーナーは迷わず適切な清掃ができます。

なお、忘れモノや何か緊急事態などがあった場合は、アプリに搭載されたチャット機能を通じてクリーナーは状況を報告できるようになっています。

 

清掃後の客室をチェック可能

清掃完了後は、クリーナーは部屋毎に決められたチェックポイントの写真をアップロード。その写真を品質管理チームがリアルタイムに遠隔チェックすることで清掃のクオリティを維持しています。

チェックポイントの写真としてクリーナーは、ベッドの下やテレビやエアコンなどが故障していないかがわかる写真を上げる必要があるほか、排水溝や洗面台、洗濯機、冷蔵庫、ゴミ箱の中も写真に収めます。

他にもベッドの下の隙間まで確認するなど客室の隅々までを遠隔チェックすることで高い清掃のクオリティを維持しています。

なお、民泊オーナーや民泊運営代行会社は、清掃完了後の客室の状態が問題ないかどうか、20枚以上は撮影される写真を通じて確認することもできます。

 

「既存の清掃業界をテクノロジーで変える」

片山氏は、清掃業界についてこれまではアナログな部分が多く効率が低いことが問題だと語り、「清掃は誰でもできるものではなく「職人芸」であり、非常に価値が高いものだと思っています。業界全体の効率をテクノロジーで業界を変えて行きたい」とその思いを語りました。

最近では、ホテル向けに清掃スタッフの採用代行からトレーニングまでを一気通貫で行う「自社清掃チーム立ち上げ支援パッケージ」の提供を開始。ヤンクリについては、清掃だけではなくリネン、アメニティのオートメーション化も行っていく予定だといいます。

イーデヤンスは民泊清掃テクノロジースタートアップとして、宿泊業界を影で支える存在として今後もその規模を拡大してくことになりそうだ。

【イーデヤンス(ヤンクリ)に関するお問い合わせ】



.





民泊に関する無料相談はこちらから