【中止】Airbnb、万里の長城に宿泊できる民泊キャンペーンを急遽中止したことを発表 多くのフィードバックを受け

民泊仲介サイト最大手のAirbnb(エアービーアンドビー)は、万里の長城を宿泊施設として利用できる史上初のキャンペーンの開催を急遽中止したことを発表した。

Airbnbはこれまで『Night At』キャンペーンと題して世界中の名所を一夜限りの宿泊施設に変え、無料で招待するキャンペーンを全世界で行ってきており、これまでは五輪スキージャンプ場の頂上や360度ガラス張りの水中ベッドルーム、グレートバリアリーフの海上などで泊まれる機会を提供。

『Night At 万里の長城』では総延長約6000キロの城壁を持ち人類史上最大の建築物ともいわれる「万里の長城」にデザインされた宿泊施設に泊まれるだけではなく中国文化も体験できるキャンペーンを提供する予定となっていた。

Airbnbでは万里の長城および中国の文化遺産をプロモーションできる機会すべく『Night At 万里の長城』の開催を発表していたが、多くのフィードバックを受けて急遽開催を中止したという。

『Night At 万里の長城』の開催が発表された直後から中国版ツイッターの微博(ウェイボー、Weibo)では、長い歴史を持つ万里の長城が本企画の開催により損傷するのではとの懸念の声が上がっていた。

Airbnbは8月7日に『Night At 万里の長城』に関するお知らせという声明を発表し、本企画のキャンペーン中止の発表と今後別の構想を準備する考えを明らかにしている。

《関連記事》今話題のAirbnbで宿泊予約するまでの流れを教えます

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。