マリオットがアリババと合弁で提携、中国人旅行客獲得へ

世界各国でホテルチェーンを展開しているマリオット・インターナショナルは、中国のEコマース最大手、アリババ・グループ(阿里巴巴集団)と合弁企業を立ち上げると発表した。マリオットは新会社の設立を通して、アリババの旅行サービスプラットフォームを活かし、中国国内および海外で今後さらなる増加が予想される中国人旅行者の獲得を狙う。

 

アリババのノウハウ活かして、中国人宿泊客獲得へ

両社は合弁会社を通して、「シェラトン」や「リッツ・カールトン」などマリオット傘下の全ホテルをアリババが運営する旅行専用プラットフォーム「フリッギー(Fliggy)」で検索・予約可能にするほか、利用の多い宿泊客に対してインセンティブを提供するロイヤルティープログラムをリンクさせ、増加する中国人旅行客に対するマーケティング活動でも協力する。

マリオット・インターナショナルは、中国人旅行者は今後5年間で7億人に上ると見込んでおり、特に中間所得層の需要拡大に期待をかけている。CEOのアルネ・ソーレンセン氏は「合弁会社を設立することで、旅行サービスプラットフォームややデジタル決済といったアリババの見識と、我が社がもつホスピタリティ産業の専門知識とが連携され、ロイヤリティー・プログラム会員も増えるだろう」とコメントした。

一方、アリババ・グループCEOのダニエル・チャン氏は「我々は非常に大きな顧客基盤、最先端技術を有し、中国人消費者を熟知している。ホスピタリティ業界の一大勢力であるマリオットとタッグを組めば、中国市場にさらに質の良い旅行関連サービスを提供できる」と抱負を述べている。

 

中国で浸透する「アリペイ」で支払い可能に

アリババ・グループとマリオットの提携では世界中のマリオットホテルが支払い手段として「アリペイ」での支払いを可能にもするという。

中国では食料雑貨店、レストラン、地下鉄、電気代などあらゆる商品やサービスの支払いに、現金やクレジットカードを利用しない中国の消費者が増えている。昨年、FT Confidential Researchが実施した1,000人の中国都市部消費者調査では、Alipayを最も頻繁に使用している回答者は79.5%で、クレジットカードを選択したのは45.5%、現金を使用したのは79%となっていた。