政府は、旅行需要喚起策の「Go To トラベルキャンペーン」の全国一斉停止について、1 月 12 日以降も停止を継続し 2 月 7 日までとすることを明らかにした。

東京都と埼玉、千葉、神奈川の 1 都 3 県を対象とする特別措置法に基づく緊急事態宣言が再発令となったことを受けて、当初 1 月 11 日までとしていた Go To トラベルの全国一斉停止についても緊急事態宣言中は一時停止する。

これに伴い、延長期間で既存予約がある旅行者は、1 月 17 日までに予約を取り消した場合、キャンセル規定に変わらず無料でキャンセルできる。

旅行業者や宿泊事業者などへの補償については、1 月 11 日までについては、補償の割合を旅行代金の 50%、上限 1 泊当たり 2 万円としていたが、1 月 12 日以降の補償については、旅行代金の 35%、上限を 1 万 4,000 円に戻す。



.