ビットコイン還元アプリのLolli、Hotels.comと提携 ホテル予約でビットコインを還元

ビットコイン還元アプリのLolliはこのほど、オンライン宿泊予約サイトのHotels.com(ホテルズ・ドットコム)と提携し、旅行の予約代金に対してビットコインを還元する新サービスを開始したことを明らかにした。

Lolliとは、提携サイトでショッピングをした際に、代金の数パーセントをビットコインで還元するサービスで、ブラウザ拡張機能アプリをインストールすることで利用できるのが特徴。現在はアメリカとカナダ居住者のみが対象となる。

Lolliは、2018年から矢継ぎ早に提携先を増やし、現在は500のトップブランドと提携。提携する業界や企業ブランドは多岐にわたり、アメリカの大手百貨店のMacy’sやスーパーマーケット大手のWalmart、ファッションブランドのGAPなども名を連ねる。

今回、提携を結んだHotels.comをはじめとするトラベル業界では、すでに世界最大の旅行予約サイトのBooking.com、大手ホテルチェーンのMarriott(マリオット)やHilton(ヒルトン)、民泊サイト大手のVRBOも参加しており、旅行分野の売上はLolliの総売上の4割を占める人気カテゴリだ。

Lolliが行うビットコイン還元サービスの仕組みは、ポイントサイトの仕組みに近い。ポイントサイトとは、ショッピングサイトでの商品購入や有料課金サービスへの登録、アンケート回答などでポイント還元を受けられるサービスの総称。

同サービスを経由してショッピングや登録などを行うと、ポイントを獲得できることから人気のサービスとなっている。Lolliは、購入や登録などの対価をポイントではなくビットコインで還元するサービスだ。

日本では大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が提供する「ビットコインをもらう」経由で、ネットショッピングや旅行予約サイトを利用するとビットコインを還元するサービスを提供している。

《関連記事》ホテルの宿泊代金をビットコインで支払い可能に スイスの5つ星ホテルの決済に導入



.





ホテル・民泊の「無人化運営」と「365日民泊運営」を徹底解説 2時間で学ぶ旅館業セミナー