ホテル・不動産ユニコーンの OYO(オヨ)、世界大手ホテルセラーのHotelbedsと戦略的パートナーシップを締結

ホテル・不動産ユニコーンの OYO Hotels & Homesと世界大手ホテルセラーのHotelbeds(ホテルベッズ)は、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

OYO Hotels & Homes は、2013年にリテシュ・アガルワル氏によって設立された南アジア最大かつ世界第6位のホテルチェーンで、日本を含む 10 カ国、500 以上の都市で18,000以上のホテル、10,000以上の住宅やヴィラを提供している。

Hotelbedsは、スペインに本社を置く世界大手のホテルセラーで、全世界6万社を超える旅行会社が利用する旅行会社専用のブッキングエンジン「bedsonline」などを展開している。

この提携によりOYO Hotels&Homesは、ホールセールチャンネルの「Hotelbeds」と、旅行会社専用のブッキングエンジンの「Bedsonline」の両方を経由して、ホテル客室の販売を行うことができるようになる。

Hotelbeds グローバルチェーン責任者のMark Redmond氏は、「今回の提携で、旅行会社やツアーオペレーターなど当社のプラットフォームを利用する6万社以上の顧客がOYOを利用可能となる。現在515,000室の客室を提供しているが、年末までには最大100万室まで増える見込みだ」と述べた。

OYO Hotels & HomesのチーフストラテジーオフィサーのManinder Gulati氏は、「HotelbedsのB2B向けホテル販売チャネルは、新しい顧客セグメントや地域へのアプローチを可能にする」と述べた。

 

OYO Hotels & Homes 集客の強化で新たな成長ステージへ

OYO Hotels & Homes は、最新のITテクノロジーを駆使したホテルチェーンとして世界的な急成長を遂げ、たった5年でホテルチェーン世界第6位の座まで上り詰めた。

インドや中国などを中心に1万 8,000 以上のホテルネットワークを擁するOYOは、ソフトバンクグループ、Sequoia India、Lightspeed India、Hero Enterprise、China Lodging Group を含む主要な投資家からのバックアップを受ける。

日本では、ヤフーと共同でスマホ賃貸アプリで不動産賃貸市場へ参入したほか、ソフトバンク及びソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)と共同で、日本でホテル事業にも参入することを明らかにしている。

今回、Hotelbedsとの戦略的提携は、OYOにとって増加を続ける同グループのホテルに対する送客を一層強化するものであり、OYO 成長をさらに加速させるものとなりそうだ。

《関連記事》インド発ユニコーンのOYO(オヨ)、ソフトバンクと日本のホテル事業にも参入 「ホテル業界のAmazon」の実力とは








民泊に関する無料相談はこちらから