QRコード決済「PayPay」(ペイペイ)がホテルでも 12/4から還元率20%の衝撃 

ソフトバンクとヤフーが共同で手がけるQR決済アプリの「PayPay」(ペイペイ)は、総額100億円を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を12月4日~2019年3月31日にかけて実施することを明らかにした。

「100億円あげちゃうキャンペーン」では、1回のPayPay支払いごとに、最大20%を「PayPayボーナス」としてPayPayの残高に還元する(※上限は1月当たり5万円))。

さらに、抽選で40回に1回の確率で、支払い額の全額をキャッシュバック(最大10万円)。なおソフトバンクとY!mobileのユーザーは10回に1回、Yahoo!プレミアムのユーザーは20回に1回と当選確率が上がる仕組みだ。

12月4日からスタートとなる「100億円あげちゃうキャンペーン」に先立ち、同社は11月22日より5000円をチャージすると1,000円分の残高がもらえるプレキャンペーンも実施する。

 

QRコード決済「PayPay」(ペイペイ)の凄さ

QRコード決済の「PayPay」(ペイペイ)は、利用者がお店に設置されたQRコードを読み取るだけで、支払いが即完了する支払いサービス。特に注目を集める点は、初期導入費用、決済手数料、及び入金手数料が一切無料で始められるという点だ。

また「PayPay」は入金サイクルが早いのが特長で、ジャパンネット銀行を利用する場合、累計決済金額が1万円をこえた日を締め日とし翌日送金する。他の金融機関でも最短翌々営業日に振り込まれるスムーズさだ。

さらに、海外からのAlipay(アリペイ)利用者は、AlipayアプリでQRコード(PayPayコード)を読み取るだけで支払い可能で、2019年9月30日までAlipayの決済手数料0%となるサービスも展開する。

 

宿泊代金も還元率20%で ホテルも続々参戦へ

PayPayが展開する「100億円あげちゃうキャンペーン」では、PayPayでの支払いの最大20%をキャッシュバック。PayPayで支払いを行えばホテル代金も実質20%値引きになる計算だ。

例えば、3万円の宿泊代金をPayPayで支払いを行うだけで6,000円の割引を受けられることになる。今回開始される規模プロモーション展開と歩調を合わせるように進んでいるのがPayPayのホテル導入だ。

マイステイズなどのホテルブランドを展開する株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは2017年11月に、マイステイズ・ホテル・グループ国内89棟に「PayPay」を導入することを発表。

「HOTEL THE FLAG」を展開するホテルザフラッグ株式会社も「PayPay」の導入を行い、大規模プロモーションにあわせてPayPay利用ユーザ向けにホテル予約の獲得を狙う。

また、全国11都市に20ホテルを展開するホテルモントレ株式会社も「PayPay」導入を明らかにしている。

 

PayPay 対応ホテル(Airstair調べ)

「PayPay」対応ホテルステータス
01マイステイズ・ホテル対応済み
02HOTEL THE FLAG対応済み
03ホテルモントレ対応予定
04HOTEL SHE, KYOTO & OSAKA対応済み
05ファーストキャビン対応済み
06Shukuba HOTEL対応済み

QRコードはデンソーウェーブの登録商標です

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。