一休.com、Go To トラベル 事後還付手続きの受付開始 申請書類は「最低1種類」で可能に

一休.com は、8 月 14 日から Go To トラベル 事後還付手続きの受付を開始したことを発表した。同日スタートした旅行者自身によるオンライン申請では入力フォームへの回答に加えて少なくとも 4 種類の提出書類の必要となるが、一休.com では最低 1 種類の書類のみで可能。

一休.com で Go To トラベルキャンペーンの対象となる旅行予約を行った利用者に対しては、還付手続きに関する案内メールが送付されているほか、一休.com の予約内容の確認画面上からも還付手続きを進めることができる。

申請期間については、チェックアウト日翌日 0 時以降から 2020 年 9 月 14 日まで。Yahoo!トラベルのヤフーパックを予約した利用者については、Yahoo!トラベル内のマイ・トラベルから「事後還付手続き【申請】フォーム」へアクセスできるよう準備を行っているという。

Go To トラベルキャンペーンの還付手続きは、8 月 14 日から手続きを開始。手続き方法は、旅行の申し込み方法により異なり、一休.com など旅行業者等を通じた予約で旅行前に決済をした場合は旅行業者経由で申請を実施。

宿泊施設へ直接予約手続きを行い、宿泊施設で支払った場合、または、予約サイト等で予約手続きを行い、宿泊施設で支払った場合は、旅行者自身が Go To トラベル事務局公式サイトからオンライン申請または郵送申請を行う必要がある。

還付手続きについては郵送提出の場合、7 種類の必要書類の準備が必要なほか、オンライン申請でも入力フォームへの回答に加えて最低 4 種類の書類アップロードが必要。一休.com  では、入力フォームへの回答に加えて最低 2 種類の書類アップロードで完了できる。

一休.com の事後還付手続きにおける必要書類は、原則として「口座情報が確認できる画像」のみ。宿泊証明書は、必須ではなく任意提出となるが、後日追加で提出を依頼される可能性もある。

宿泊代表者住所が誤って設定されていた場合や東京都や海外の居住者を除いた同行者分のみを申請する場合は、「宿泊代表者様の住所確認書類画像」または「同行者居住地証明書画像(PDF)」が必要になる。詳細は下記の通り。

《一休.com》Go To トラベル キャンペーンの事後還付手続き方法

 

何回でも利用可能!Go To トラベルキャンペーン

Go To トラベルキャンペーンは、9 月以降から旅行代金の最大半額を支援利用回数に制限はなく何度でも利用できます。また、現在では割引後の価格で旅行ができます。Go To トラベルキャンペーン関連の詳細はこちらからご覧いただけます。

【35%OFF】Go To トラベル[Yahoo!トラベル]
【35%OFF】Go To トラベル[楽天トラベル]
【35%OFF】Go To トラベル[じゃらん]

 



.