広島でも民泊実態調査で無許可民泊に中止指導へ

AdobeStock_82920674

NHKによると、個人宅の空き部屋に旅行者を泊める民泊について、広島市は、はじめて実態調査を実施。調査の結果、所有者との連絡が取れた施設のうち約4割が無許可営業であることがわかったという。

昨今、全国的に自宅の一部や空き別荘、マンションの空き室などを活用して宿泊サービスを提供する「民泊サービス」が広がりを見せる。

しかし、自宅の建物等を活用する場合であっても、宿泊料とみなすことができる対価を得て人を宿泊させる業を営む場合は、旅館業法第3条に基づく許可を受ける必要がある。(民泊サービスの提供について

 

京都を超える!?広島に多くの外国人が集まる理由

inboundattrc2016_head_v2

今、世界から広島に注目が集まっているのをご存知だろうか?2015年に広島市を訪れた訪日外国人観光客は、前年比50%超える成長を見せ100万人を突破した。

2016年5月にはアメリカのバラク・オバマ大統領が現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問。原爆投下国として、広島と長崎を含む第二次世界大戦のすべての犠牲者らに哀悼の意を示すスピーチを行ったのは記憶に新しい。

トリップアドバイザーが2016年6月に発表した「外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2016」では第1位の伏見稲荷大社(京都府京都市)に次いで第2位に広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園) がランクイン。

さらに、第3位には広島駅から30分ほどの場所にある宮島(厳島)がランクインしている。なんと、日本全国の中でトップ3の中に広島の観光スポット2箇所がランクインしているのだ。

AdobeStock_82920674