大阪地裁、マンションの「無許可民泊」差し止めへ

マンションの部屋に旅行者を宿泊させる「民泊」の是非が争われた仮処分裁判で、大阪地裁が、マンション管理組合の主張を受け入れる形で部屋の区分所有者に差し止めを命じる決定を出したことがわかった。(読売新聞

昨今、個人宅などの空き部屋を旅行者に貸し出す「民泊」について昨今、旅館業法の許可などを取得しない無許可の民泊がマンションを中心に増加していた。

管理規約を改定し民泊を禁止するマンションも出てきているがまだ数は限られる。大阪地裁でマンションの民泊化を管理組合により差し止めできる判例が出たことで、マンションでの無許可民泊はさらに厳しさを増すものとみられる。

 

Photo via Visual hunt