Airbnb、違法民泊の「全削除」を突然開始 民泊新法の番号登録等のない物件で

《追記:2018年6月7日》Airbnb、違法民泊の宿泊予約も強制キャンセルを突如通知 観光庁通知を受け徹底排除へ

民泊仲介サイトのAirbnb(エアービーアンドビー)は6月2日に無許可の民泊物件を検索結果から全削除したことがわかった。6月1日に観光庁から発出された違法物件の宿泊予約取り消しや適法民泊への予約変更を求める通知を受けたもの。

《関連記事》観光庁、民泊仲介業者に違法物件への予約客の取り消しを通知

Airbnbはこれまで住宅宿泊事業法(民泊新法)の届出番号や旅館業法の許可番号などの入力を6月14日までに行うよう既存の民泊ホストに通知していたが、6月1日に観光庁から発出された通知を受けて、突如スタートした。

6月2日時点で、必要な届出番号や許可番号が入力されていない民泊物件については6月2日現在すでにAirbnb上から削除されており、リスティングページは非公開となっている。

突然の前倒しとなった影響でリスティングの非掲載化について、既存ホストへは「予約を受け入れるためにリスティングを更新してください」とう事後通知がメールで送付されている。

非合法の疑いがある物件は検索結果から削除され掲載数が大幅に減少していることから、日本国内のAirbnb物件は現在非常に探しにくい状況になっている。

 

予約済みの宿泊予約は維持で強制キャンセル等はなし

Airbnb上からリスティングがAirbnb上から削除された場合でも、削除される前にすでに宿泊予約が入っている予約については、Airbnbによる強制キャンセルなどはなくそのまま現状維持となる。

一方で、観光庁が発出した通知では、住宅宿泊事業法の施行前でも「法に基づく届出を行う予定がない場合等には、すみやかに今後の予約の取消を行うことを推奨」している。

 

通知の概要(一部のみ抜粋)

1. 法の施行日後における違法物件に係る予約については、順次、当該予約の取消や合法物件への予約の変更等の適切な対応を進めること。

2. 法施行日前においても、仲介サイトへ物件を掲載中の事業者に対して、法に基づく届出を行う予定がない場合等には、すみやかに今後の予約の取消を行うことを推奨することや、宿泊予定者等に対して、合法物件への予約の変更を推奨すること。

《関連記事》観光庁、民泊仲介業者に違法物件への予約客の取り消しを通知

1年中民泊営業を可能にする「旅館業民泊」を徹底解説 旅館業法セミナー

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」よりも「旅館業民泊」に注目が集まる7つの理由を明らかにします。民泊を365日営業可能にする旅館業民泊とは。

累計1,000以上を動員した本メディア Airstairの「民泊セミナー」が12月に開催されます。定員わずかのためお急ぎください。