民泊物件オーナーに最大18言語での翻訳サービスを提供 ホームアウェイと翻訳プラットフォームFlittoの業務提携で

エクスペディアグループで、世界 190 ヵ国で 200 万件以上の登録物件を有する、世界最大級のバケーションレ ンタル会社ホームアウェイは、173 ヵ国で 750 万人以上に利用される韓国の翻訳プラットフォーム会社 Flitto(フリット)と業務提携したことを発表した。

日本を訪れる外国人は、JNTOによると2017年に19.3%増の 2,869 万 1,000 人で、2016 年 2,404 万人を 450 万人以上上回るなど急激に増加している。特に民泊は訪日外国人を中心に利用されていることから、民泊オーナーには多言語対応が求められてきた。

ホームアウェイは、韓国の翻訳プラットフォームFlitto(フリット)と提携することで、最大 18 言語で物件概要の説明文を用意することが可能になるという。翻訳プラットフォームは同様のサービスはいくつかあるが、優れた翻訳技術だけではなく民泊分野に詳しい人を指名し翻訳依頼できるようにするのが強みとなるようだ。

業務提携に伴い、本日から条件を満たした民泊物件オーナーに対し、無料クーポンの配布を行っている。

<提携概要>
開始日     :2018年1月25日
対象者     :ホームアウェイ物件オーナー
初回特典    :2018年3月31日までに下記条件を満たしたオーナーに米ドル$10分の無料クーポンをプレゼント
(※クーポン使用は1アカウント当り1回限りとなります。使用時の金額制限はございません。)
初回特典ページ :https://www.flitto.com/content/3563