高級ホテルの予約サイト「Relux」、住宅宿泊事業法を前に民泊・貸別荘向けサービス提供を開始

高級ホテル・旅館の宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」を運営するLoco Partnersは2018年6月に施行される「住宅宿泊事業法」を見据え、2018年1月23日(火)より新施設種別「Vacation Home」の取り扱いを開始することを発表した。

「Vacation Home」の対象となるのは、旅館業法における簡易宿所の許可を取得している町家や古民家、貸別荘などの宿泊施設で、2018年6月に施行される「住宅宿泊事業法」の施設も対象とする。

昨今の旅行者は、グランピングや一棟貸し、コンセプチュアルなホテルなど、従来のホテルや旅館とは異なるユニークな宿泊施設へのニーズが高まっているが、Reluxは「もうひとつのわが家」をコンセプトとした「Vacation Home」を通じて新しい宿泊サービスを提案し、満足度の高い宿泊体験を実現することを狙う。

 

住宅宿泊事業法を前に、宿泊予約サイトでも対応の動き

今年6月に施行される住宅宿泊事業法を前に、大手企業による民泊事業参入が相次いでいるが、宿泊予約サイトでも新法施行を見据えた動きが加速してきた。楽天LIFULL STAYは、同法施行後に開設予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)に掲載する民泊物件の登録受付を3月15日から開始することを発表している。

現状では住宅宿泊事業法の届出物件で宿泊予約サイトへの掲載ができるかどうか未定の宿泊予約サイトもあるが、新法施行に向けて予約受付ができる予約サイトは今後増えると予想される。