民泊の祭典「バケーションレンタルEXPO」の見所とは?

バケーションレンタルEXPO

2017年5月27日(土)、民泊新法や簡易宿所をテーマにした過去最大級の民泊の祭典「バケーションレンタルEXPO」が、東京の新宿NSビルにて開催されます。

バケーションレンタルEXPOは民泊世界最大手のAirbnb Japan(エアビーアンドビー)も参加する他、Airbnbを猛追するHomeAway(ホームアウェイ)や中国発の民泊サイトの途家(トゥージア)も参加する大規模な展示会です。今回は5月27日に開催にされる民泊の祭典「バケーションレンタルEXPO」の見所に迫ります。

 

バケーションレンタルEXPOとは

バケーションレンタルEXPOは、民泊世界大手のAirbnbをはじめとする民泊民泊プラットフォーマーや民泊各界のエキスパートが参加するエキスポで、参加事業者「40社」を見込む国内最大級のイベントです。

ご存知の通り民泊市場は2倍以上のペースで伸びており、民泊新法の成立に伴い上場企業を含む多くの法人がこれまで以上に民泊事業へ参入することが予想されます。

本イベントは、民泊事業をすでに行っている方や今後参入を検討している事業者様や個人の皆様にとって、民泊の最新動向を知ることができる貴重なイベントです。

 

他の民泊セミナーやイベントとの違い

最近の民泊市場の広がりを受けて、民泊セミナーや民泊の展示会が開催されています。バケーションレンタルEXPOはそれらのセミナーやイベントとどのように異なるのでしょうか?

もっとも大きな違いは開催の規模です。バケーションレンタルEXPOでは、世界最大手のAirbnbや、HomeAway、中国系民泊プラットフォーマーの途家(トゥージァ)、住百家(ジュバイジァ)、小猪(シャオジュー)、AsiaYo(アジアヨー)、日本発の民泊サイトであるTRIPBIZ(トリップビズ)など多数の民泊サイトが参加します。

他にも民泊業界を牽引するファミネクトやPIPI Hosting、UHOMEなどの民泊代行会社が参加する他、OTA大手のアゴダやエボラブルアジアも参加。他にも様々な民泊関連企業が参加を表明しており、民泊業界の最新動向を1日で知ることができるのが魅力です。

 

バケーションレンタルEXPO セミナー情報

バケーションレンタルEXPOのセミナー会場では民泊最大手のAirbnbをはじめ、昨今注目を集める中国最大の民泊サイト「途家」も講演を行う他、民泊の第一線で活躍するエキスパートによる講演が予定されています。

 

民泊で生き残るための方法をEXPOで学ぶ

バケーションレンタルEXPOには、昨今話題にあがることがも多い中国系民泊プラットフォーマーの途家、住百家、小猪、AsiaYoが参加します。訪日客の大半を占める中国人旅行者は今後もさらに増える見込みで今後はマルチチャネルでの運用も鍵になってきます。

EXPOでは中国最大手「途家」代表のセミナー講演も予定されている他、上述した中国系民泊サイトがそれぞれブース出展します。また最近注目されることも多い民泊プラットフォームの小猪も参加するなど目が話せません。

 

EXPOで民泊新法など最新の民泊動向を知る

まもなくスタートする民泊新法(住宅宿泊事業法)に向けて、セミナーでは特定行政書士の戸川大冊氏や公認会計士・税理士の深野竜矢氏から、専門家ならではの視点から民泊の”合法的”な運営方法や税務について徹底的に学ぶことができます。

他にもマンスリーマンション、民泊代行、IoTなど各界のエキスパートらによるセミナーも開催予定で今後さらに拡大が進む民泊市場で生き残る為のノウハウを学ぶことができます。

 

行政書士への個別相談がEXPOでできる

バケーションレンタルEXPOには850名以上を動員した民泊許可セミナーで講師をつとめた戸川 大冊先生や戸建住宅、マンション、オフィスビル等での旅館業・民泊許可案件を多数手がける石井 くるみ先生がブース参加。

合法民泊の許可業務を多数手がける先生との1対1の「個別相談」を各時間帯1名、計10名限定で受けることができます。特区民泊や簡易宿所、民泊新法などの合法民泊でお悩みのことなどがあれば事前申込だけで個別相談が可能です。

 

セミナータイムスケジュール

 

 

開催日と会場アクセス

バケーションレンタルEXPOは5月27日(土)に東京の新宿にある「新宿NSビル」で開催されます。新宿NSにもっとも近い最寄駅は都庁前駅(大江戸線)ですが、新宿駅からも十分に徒歩圏内です。お車の場合はNSビルの駐車場(地下1階、地下2階)に入庫いただくのが便利です。