【速報】Google、旅行プランを自動生成するアプリ「Google Trips」を 2019年8月にサービス終了へ

米検索エンジン大手のGoogle(グーグル)は、スマホアプリとして提供していた旅行プランニングツールの「Google Trips」を 2019年8月5日をもって終了することを正式に明らかにした。

Googleによると、今回サービスを終了するのは、スマートフォン向けアプリのGoogle Tripsで、今後は、Google Maps や Google 検索で引き続きサービスの拡充を図るという。

Google Tripsとは、Gmailに届いた航空券やホテルの予約完了メールをもとに旅行プランを自動生成する旅行プランニングツール。これまでは、航空券やホテルの予約後にそれらの情報をカレンダーに書き留める必要があったが、Google Tripsではその手間は不要だ。

というのも、Gmailに届いたフライトの予約完了メールや滞在先ホテルの宿泊予約完了メールをGoogle Tripsが自動的に整理し、1つの旅行プランとしてまとめてくれるためだ。

Googleはこれまで、Google Tripsをスマートフォン向けアプリとして提供してきたが、2019年5月には「Google Travel」としてPC版でもサービスの提供を開始。

これまで別々に提供されていたホテル比較・検索サイトの「Google ホテル検索」、航空券比較・予約サイトの「Google フライト」などを統合し、旅行分野でのサービス強化を図っている。

 

 

経営資源を集中し、さらなるサービス強化を図る考えか

「Google Trips」のスマートフォンアプリを終了するというニュースは一見マイナスなニュースではあるが、Googleは選択と集中により大きくグロースしなかったスマートフォン版の提供を終了し、Google 検索とGoogle Mapsで、Tripsのサービスを強化する計画だ。

Google 検索では「旅行」キーワードで検索することで過去の予約や今後の予約を表示できるようにするほか、Google Mapsでは、保存済みの場所を表示できるほか、今後の旅行も見れるようになる予定。

5月から提供を開始している「Google Travel」では、Google Tripsのサービスを引き続き利用できるほか、新しいサービスの追加も予定する。Googleは、今回決断した選択と集中により、旅行分野での存在感をさらに強めていくことになりそうだ。

《関連記事》Google 検索とマップで Google Trips App の機能を使用する








民泊に関する無料相談はこちらから